熱田神社は鳥居が見もの。参拝ノートも置いてありました。

熱田神社_鳥居 初回参拝記事
スポンサーリンク

熱田神社は畝刈町にある神社で、総本社は愛知県名古屋市熱田区にある熱田神宮です。

熱田神宮は三種の神器の1つ、草薙ノ剣(くさなぎのつるぎ)を祀る神社として知られています。

この記事で紹介する熱田神社のポイントは

  1. グーグルマップのナビを頼りにするとたどり着けない。それが熱田神社
  2. 鳥居の扁額に月と太陽が書かれて珍しい
  3. 拝殿に謎の電話番号
  4. 参拝ノートで心温まる

それでは熱田神社の取材記事です。

  • 社名:熱田神社
  • 社格:村社
  • 創建:寛永十四年(1637年)
  • 鎮座地:長崎市畝刈町三重地区市民センター付近(詳細住所不明)
  • 公式サイト:無
  • TEL:0958502786
  • 参拝可能時間:24時間
  • 社務所:不明
  • 御朱印:不明
  • 駐車場:無

熱田神社の詳細情報へ

グーグルマップのナビを頼りにするとたどり着けない。それが熱田神社

グーグルマップのナビを愛用するとたまにある話しです。

おしいところまでは行くのですが、ちゃんとたどり着けません。

今回の場合、神社の裏へ案内されました。


▲熱田神社の裏へ案内される(最寄りバス停からのルート)

どうにも神社が見つからないので、庭仕事をしていたお父さんに「この辺りに神社ないですか?」と聞いたら表参道の場所を教えてくれました。

(正確には裏からも行けるようですが、わかりにくいので表からをおすすめします)

それが下の地図です。


▲熱田神社の表参道の場所(最寄りバス停からのルート)

参拝するときはご注意ください。

鳥居の扁額に月と太陽が書かれて珍しい

さあ、表参道に到着です。

熱田神社_鳥居▲熱田神社お表参道

この鳥居の扁額が見もので、赤い縁取りがしてあって、そこに月と(たぶん)太陽の絵が書いてあります。しかも文字と絵は金色です。

熱田神社_鳥居▲鳥居の扁額がめずらしい

いくつか神社で鳥居をみてきましたが、金色はめずらしいです。

月と太陽の絵については理由不明です。

(理由を知っている人がいればご連絡ください)

さあ、公園を横目に階段をのぼって拝殿へ行きます。

熱田神社_境内▲拝殿へつづく階段

拝殿に謎の電話番号

参拝すべく拝殿へ到着です。

熱田神社_拝殿▲熱田神社の拝殿

よくみると拝殿の扉にはなにか張り紙がしてあります。近づいて見てみます。

熱田神社_拝殿▲拝殿の扉にある張り紙

どうやら神社関係者の電話番号のようです。お札が必要なときに電話するように書かれています。

それでは、お賽銭をして参拝します。

賽銭箱は拝殿の中にあるようなので扉を開けてみましょう。

参拝ノートで心温まる

拝殿の中は下の画像の通りです。

熱田神社_拝殿▲熱田神社の賽銭箱は拝殿の中にある

参拝をすませて賽銭箱の手前を見ると「参拝ノート」が置かれています。

熱田神社_拝殿▲賽銭箱の手前には「参拝ノート」が置かれている

中を読むと、日々の生活に対する感謝の言葉がつづられている心温まるノートでした。

熱田神社の参拝と取材のまとめ

熱田神社の参拝と取材のまとめです。

  • 熱田神社はグーグルマップのナビを頼りにするとたどり着けない
  • 鳥居の扁額は赤い縁取りがしてあり、そこに月と(たぶん)太陽の絵が書いてある。しかも文字と絵は金色で珍しい
  • お札が欲しい時は張り紙の番号に電話する
  • 参拝ノートを読むと心温まる

熱田神社は心温まる神社でした。

是非、参拝してみてください。

熱田神社の詳細情報へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました