【市指定天然記念物】網場にある天満神社の社叢(神社の森)

天満神社_鳥居 初回参拝記事
スポンサーリンク

長崎市網場町にある天満神社を参拝してきました。天満神社は天満宮や天神さん、菅原神社などと呼ばれることもあります。

この天満神社の社叢(神社の森)は市指定天然記念物になっています。

  • 神社名:天満神社
  • 社格:村社
  • 創建:寛永三年(1626年)
  • 鎮座地:長崎市網場町1-1
  • 公式サイト:無
  • TEL:無
  • 参拝可能時間:24時間
  • 社務所:不明
  • 御朱印:不明
  • 駐車場:無

天満神社の詳細情報へ

一の鳥居側に市指定天然記念物の看板がある

下の画像は天満神社一の鳥居です。この鳥居をくぐってすぐ左に天然記念物の説明看板があります。

天満神社_鳥居▲天満神社一の鳥居

天満神社_看板▲市指定天然記念物 網場天満神社の社叢を説明する看板

平成元年に設置された看板は、文字が薄れて読みにくいので、下記に引用しておきます。

市指定天然記念物 網場天満神社の社叢

指定年月日 昭和53年3月20日
所有者天満神社

ここの社叢を形成する樹林は、クスノキ・カゴノキ・スダジイ・アラカシ・ツバキ・ナナミノキなどの高木と、ハクサンボク・マサキ・クスドイゲ・クチナシなどの低木が主なものである。木本にも草本にも貴重な種類も、また巨木もない。
 さて、長崎市には平地に社寺林がほとんどない。そのため、昔の長崎の自然林を推定する資料に乏しいことになる訳であるが、ここの社叢はその平地の自然林を推定できる貴重なもので、大切に保存すべきものである。

長崎市教育委員会(平成元年3月設置)

市指定天然記念物 網場天満神社の社叢説明看板|網場天満神社

確かに境内は樹木が沢山で森感ただよいます。

天満神社_境内▲境内は樹木が沢山ある

この辺りは埋め立て地ですが、グーグルマップの航空写真で確認すると、神社は小高い森の上に鎮西していることが分かります。

埋め立て前の神社は、島に鎮座する神社だったと思われます。


▲埋め立て前の神社は、島に鎮座する神社だったと思われる

それでは参道の階段を登って拝殿へ向かいます。

海の町なので恵比寿様がいる

網場町は海の町なので参道や境内に恵比寿様がいます。

下の画像は参道の途中にいる恵比寿様です。

天満神社_境内神社▲参道の途中に恵比寿様がいる

拝殿の左側面にも恵比寿様がいます。こちらの恵比寿様はもともと屋根についていた物で、改築したときにこちらへ降ろして祀ってあるようです。拝殿の壁には「大正八年九月改築」と書かれています。

天満神社_拝殿▲拝殿の壁にも恵比寿様がいる

海の町という感じがします。

拝殿で参拝する

恵比寿様が登場しましたが、ここは菅原道真公を祀る天満神社です。天満神社と言えば撫牛。

もちろんここにも撫牛がいます。

天満神社_境内▲天満神社の撫牛

手水舎で身を清めて拝殿へ向かいます。手水舎は割合あたらしく綺麗です。

天満神社_手水舎▲天満神社の手水舎

お賽銭は拝殿の扉に開けられた小窓から入れるスタイルです。

天満神社_拝殿▲天満神社の拝殿

天満神社_拝殿▲お賽銭は扉に開けられた小窓から入れるスタイル

境内には稲荷社などもあるので探してみてください。

天満神社_境内神社▲境内にある稲荷社

天満神社の参拝と取材のまとめ

天満神社の参拝と取材のまとめです。

  • 天満神社の社叢(神社の森)は市指定天然記念物になっている
  • 埋め立て前の神社は、島に鎮座する神社だったと思われる
  • 参道や境内に恵比寿様がいる

昔は神社の周りが海だったのかな?と想像しながら参拝すると楽しいかも。

是非、参拝してみてください。

天満神社の詳細情報へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました