八幡神社
長崎市岩瀬道町104

八幡神社_岩瀬道_拝殿 基本情報
スポンサーリンク

長崎市内にはいくつかの八幡神社がありますが、この記事では岩瀬道町にある八幡神社をご紹介します。

八幡神社の総本社は大分県宇佐市の宇佐神宮で、御祭神は誉田別命(ホンダワケノミコト)です。

岩瀬道の八幡神社の御祭神は長崎神社庁によると應神天皇となってます。應神天皇は応神天皇のことです。そして、応神天皇は別名で誉田別命と呼ばれます。

この八幡神社は三菱重工長崎造船所の近くに鎮西していて、造船所の拡張工事のときなどには、安全祈願の守護神とされることもり、工事関係者から石灯籠などが寄進されてます。

八幡神社の基本情報

  • 神社名:八幡神社
  • 社格:無各社
  • 創建:天和元年(1681年)勧請
  • 鎮座地:長崎市岩瀬道町104
  • 公式サイト:無
  • TEL:不明
  • 参拝可能時間:24時間
  • 社務所:無
  • 御朱印:不明
  • 駐車場:無
  • 例大祭:10月15日
  • 境内神社:無
  • お守り:不明
  • 結婚式:不明
  • お祓い:不明
  • 出張祭典:不明
  • 公衆トイレ:無
  • 自動販売機:無
  • ベンチ:無

八幡神社の御由緒・歴史

  • 天和元年(1681年):勧請(岩背洞台場の遺跡である身投の岬丘上に鎮座)
  • 明治十一年(1878年):三菱造船所立神第一ドック建設時無災害工事により御手洗が寄進される
  • 明治三十四年(1901年):現在地へ奉遷される
  • 明治三十八年(1905年):三菱造船所第二ドック建設・飽の浦工場用地拡張工事の関係者より石灯籠が寄進される
  • 大正元年(1912年):氏子崇敬者二十七名の寄進により大鳥居が建立される
  • 大正十二年(1923年):老朽破損した社殿を再築
  • 昭和四十三年(1968年):台風により社殿倒壊
  • 昭和四十四年(1969年):町内有志の努力により社殿再建
  • 昭和四十七年(1972年):白蟻被害により社殿解体
  • 昭和四十八年(1973年):鉄骨により社殿再建
  • 平成五年(1993年):町内有志の努力により社殿の控室を拡幅増

八幡神社_岩瀬道_御由緒

御奉遷百年奉祝御大祭由緒

当八幡神社は三百二十年前天和元年八月勧請に係り岩背洞台場の遺跡である身投の岬丘上に鎮座して岩瀬道郷住民の家運隆盛家内安全の諸願はもとより、三菱造船所の拡張工事に伴なう関係者の安全祈願の守護神として崇敬され、明治十一年立神第一ドック建設時無災害工事により御手洗が寄進されている。鎮座後二百二十年三菱造船所の拡張に伴って社地も次第に民家と混する様になり甚だ神威を損ずるに至ったので、明治三十四年五月現在の地に奉遷され十二月社殿が建立された。町内の田中百松様、田中治三郎様より御手洗が寄進されている。明治三八年八月には三菱造船所第二ドック建設飽の浦工場用地拡張工事の関係者より石灯籠が寄進されている。
大正元年九月氏子崇敬者二十七名の寄進により大鳥居が建立され益々の神社の体裁が整備される。
明治三十四年建築された社殿は築後二十二年で腐朽破損により大正十二年再築されている。戦時中は陸軍が長崎防衛のため陣地を構築し守備隊が宿舎として使用され、原爆による倒壊は免れたが痛みは酷く、昭和四十三年台風により倒壊した。昭和四十四年町内有志の努力により再建されたが、昭和四十七年白蟻被害により解体された。
現在の社殿は昭和四十八年鉄骨により再建され、平成五年十二月には町内有志の努力により控室を拡幅増設し現在に至っている。
御奉遷百年御奉祝大祭を迎えるに際し、役員が計画して町民および氏子崇敬者に浄財を募り、石灯籠を始め本殿の修築と調度品装飾品を完備して、平成十三年十月十四日奉祝大祭を神職氏子崇敬者多数参列盛大にして、斎行して奉賛の誠を捧げ、今後益々の御神徳の発揚と神社の発展に寄与する処ろ甚大と信ず。
ここに大祭に際し氏子崇敬者各位の御熱意に感謝の意を表すると共に益々の御神徳の発揚を祈り、当社の由緒を連ね後世に伝えるものとし記念碑を建立する。

平成十三年十月吉日 岩瀬道町自治会会長 平松繁雄

八幡神社「記念碑」より

八幡神社の御祭神

  • 應神天皇(応神天皇)

八幡神社の主なご利益

由緒書きにはありませんが御祭神から以下のようなものと考えられます。

  • 五穀豊穣
  • 家内安全
  • 安産の守り神
  • 健康長寿
  • 夫婦和合

八幡神社の境内神社

八幡神社に境内神社はありません。

八幡神社の御朱印

八幡神社の御朱印有無は不明です。

八幡神社の狛犬

八幡神社に狛犬はありません。

八幡神社へのアクセスと駐車場案内

  • 最寄り電停:「長崎駅前」から徒歩49分程度(3.6km)です
  • 最寄りバス停:「岩瀬道町」から徒歩6分程度(350m)です
  • 専用駐車場:専用駐車場はありません
  • コインパーキング:近くにコインパーキングはありません


▲最寄りバス停「岩瀬道町」からのルート

八幡神社の取材・参拝記事

八幡神社の取材・参拝記事です。

(準備中)

八幡神社の写真集

コメント

タイトルとURLをコピーしました